葉酸

妊活なんて聞くと、主に女性がするものだと考えてい

妊活なんて聞くと、主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。しかし、男性にも出来る妊活があるんです。それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。

不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は母体に限らず、男性にあるというケースもあるわけです。特に注目したいのは、精子の染色体異常です。これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。



質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は大変密接に関わりあっています。


それというのも、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。当たり前ですが、妊活中であったとしても例外ではありません。
妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を心掛けることをお勧めします。葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。しかし、どれだけ大切な栄養素だからといって、摂取する量には気を配ってください。

なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意が必要です。

なぜならサプリは普段の食事で摂取できる葉酸に比べて、遥かに多くの葉酸が入っているため、決められた用法と容量を必ず守ってください。
どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。

妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われています。

ヨガを行う事で自律神経を正常に働かせる作用があるので、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。



パソコンやスマートフォンでも動画が見れますから、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。軽く息が上がる程度の運動は新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。こうした運動はこころとからだのバランスを整えると言われていますので、簡単に実践できる妊活のひとつだと言えます。胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。
ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、定期的な摂取の結果、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。
具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。
胎児の健康を考えて、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。

自治体の助成金制度を利用しても、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減る例が多いのが実情です。


40歳以上でママになっている人もいるのだし、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。

私だって来年には四十になるので、見捨てられたような寂しい気持ちで、いっそう精神的に疲れてきました。



妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊婦への摂取が勧められているんですよね。

サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。



とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方も少なくはないと思います。もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。



葉酸はほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。ですから、サプリによる摂取が無くても普段通りの食事をきちんと摂っていれば、多少は摂取できているという事ですね。

妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。妊活をしている方ならば、大げさかもしれませんが、今日にでも妊娠の可能性があるという訳です。
ですから、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんが元気に成長できるように備えておきましょう。
中でも葉酸は、妊娠初期には十分に摂取してもらいたい栄養素のひとつです。

多くの方が、妊娠検査キットで妊娠を知ると思います。ですが、それより前からお腹の中に新しい命を授かっています。

妊娠は授かり物です。
実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活を始めている方は、なるべく早めに十分に葉酸を摂取できているというのが、胎児にとってもママにとっても適切な妊活だと言えますね。不妊の要因としては、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性側要因と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性由来のものとが想定されます。


もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。

不妊対策をしたいと思ったら、男女双方が検査を受けると解決への糸口となるでしょう。
妊娠が分かった後に意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも良いと思います。
しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体に有益な様々な働きをしてくれます。



中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で母体の健康を保つサポートをしてくれるという訳ですね。

メニュー

Copyright(C) 2012 美の相棒 All Rights Reserved.