葉酸

ビタミンB群のひとつである葉酸は

ビタミンB群のひとつである葉酸は、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。
葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。



なぜなら摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。厚生労働省の発表によりますと、受胎前から妊娠初期の方には葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。手軽に摂るならば葉酸のサプリを利用するのが良いと思います。


なんとなく不妊を疑いはじめたら、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。


簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、不妊治療の大事なきっかけになるのです。

基礎体温表を作るには、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった決まりがあるので、その通りにしていくのが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは大変密接に関わりあっています。

それというのも、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。
もちろん、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中には十分に葉酸を摂るように意識しましょう。



葉酸の摂取期間についてお話しします。

皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、妊娠後期の妊婦には葉酸が要らないのかと言うと、それは違います。お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠初期が注意が必要な期間ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。葉酸は、適切な摂取によって胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げることが判明し、そうした目的から妊娠初期の妊婦さんに対して、積極的に摂取するように厚生労働省が推奨している成分ですよね。日常の食生活で十分な葉酸を摂れるのならば問題ありませんが、つわり等で体調が優れない時には、食べ物から摂るのも難しい時もありますよね。そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、サプリ等の栄養補助食品を利用することで適切な量の葉酸を摂ることが出来ますから、こうしたものを利用するのも良いと思います。友達の話ですが、彼女が妊活をしている時によく漢方を飲んでいたと思います。

彼女によると体質改善のために漢方を利用していると言っていました。妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安全に服用できると思います。
彼女は漢方を続けていたようです。その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを授かりました。

ずっと頑張っていたので、良かったと思っています。
妊活を行う場合、気を付けてほしい事は、食事ですね。日々の生活習慣を整え、妊活に励んでいる方はすぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんが元気に成長できるように備えておきましょう。

この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。

当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。

早い段階で葉酸を摂取し、胎児の成長を十分にできる体を作っておくことが良いと思います。妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することでお腹の中の赤ちゃんの先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が科学的見地からも認められています。


ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。実際に葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。また、こうした食品の中には特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦に特に利用されているといったことも少なくありません。ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。ヨガを行う事で血の巡りが良くなり、深いリラックス効果を得ることが出来ます。
すると、自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランスが改善していくという訳です。妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。

こうした運動は心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。
妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。

葉酸は赤ちゃんが元気に育つために重要な働きをする栄養素なのですが、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。



葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。

ですから、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天異常を発症する可能性があると言われているそうです。
こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、摂取をお勧めします。

メニュー

Copyright(C) 2012 美の相棒 All Rights Reserved.