葉酸

友人は妊活中によく粉薬のようなものを飲んでいたので

友人は妊活中によく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。
その子の話によると、体質から変えたい、と考えているようでした。


妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら飲むことに抵抗がありませんね。彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、良かったと思っています。
皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。しかし、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。
葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天異常を発症する可能性があると報告されています。



ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、より積極的な摂取が求められます。様々な食品に「葉酸」は含まれていますよね。フルーツでは、イチゴやライチに含有量が多いと一般的に言われています。それ以外では、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。

または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。

葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも良いと思います。不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。
生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。ときには友人や家族の励ましや、時間的制約による焦りが不妊治療に通ううちに重積してくることもあり、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。


自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが大事かもしれません。妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、葉酸だけを摂っても不十分です。


葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、サプリを飲むときには、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが25種類前後入っているものを選べば適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、妊娠を希望している方は、サプリの利用を考えてみてくださいね。妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。

食事内容はもちろん、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。
妊活に効果が高いお茶としては、ルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、妊娠する可能性の高い女性にとっても、胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという事ですので、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。
今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。
具体的には、普段の食事に加えて十分な葉酸の摂取が厚生労働省によって勧告されています。
葉酸の適切な摂取は、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。



最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。


そうしたサプリを利用する方は、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。



ですから無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大事です。スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。

卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に必須の栄養が多いので、摂取が推奨されます。
全体的にはバランスよく多くの食材から栄養をとるのが理想であることは間違いありません。一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は産後までは我慢したほうが良いですね。

葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も多いと思います。ですが、葉酸というものは熱に弱いため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が不足している、という場合もあります。



妊活なんて聞くと、女性側が主体となって行うもののように感じますよね。でも男性側にも実践していただきたい妊活があります。

それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。流産や不妊におけるリスク要因は母体に限らず、男性にあるというケースもあるわけです。原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。

ですから、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。

メニュー

Copyright(C) 2012 美の相棒 All Rights Reserved.