葉酸

妊娠を希望する方にとっては、どのような

妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。食事内容はもちろん、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。



妊活中におススメなお茶では、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。これらのお茶はカフェインが入っていません。



いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。

実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があると言われていますので、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。

大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。
赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。
タイミングを見計らって努力しても、出来ない時は出来ないのだと感じました。
親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、自分はどうなのだろうと不安になりました。
クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤が有効というので試してから、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。



原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。

ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、一度言ったら気が乗らないふうだったので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。

1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、即、妊娠できるというわけでもなく、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。私はラッキーだったのか、早々に下の子を授かりました。妊活なんて聞くと、女性が行うものだと考える方も居ますよね。



ですが、男性にも出来る妊活があるんです。

それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。
流産や不妊の原因因子として、女性にあるとは限らず、夫に問題があったという話も良く耳にします。特に注意すべきは精子の染色体異常です。

受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。



葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。ですから、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。妊娠に大切な葉酸は厚生労働省によって適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。
それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、人体に留まって蓄積するという事はありません。しかし、葉酸の過剰摂取によって発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされています。葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。

葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。例えば吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。


そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、気を付けてください。


もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、簡単に摂取したいのであれば、サプリメントがおススメです。

サプリメントは、葉酸の摂取量が一目瞭然ですので、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には葉酸サプリをおススメします。
今、二人子供がいます。
二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。上の子が男の子でしたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。



本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分け法を実践しました。妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって赤ちゃんの性別が分かるまでは緊張しましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。主人も待望の女の子という事で大喜びでした。



不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて血液を造る力を強めるという働きがあります。この作用は妊娠にも有効で、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、それだけで妊娠確率が上がるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。


造血作用で血液が増えることで、新しい血液が体内サイクルを整え、ホルモンバランスが良くなり、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。

葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。
葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も少なくはないと思います。
もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。


葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でも肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、普通の食生活を送っていれば、多少は葉酸を摂れていたと思います。


今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。


通常の食事での摂取とは別に、充分な量の葉酸を摂取するように正式に厚生労働省が推奨しています。なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。
葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。



その場合には添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。
ですから天然素材の葉酸サプリメントにすることが忘れないようにしてください。

メニュー

Copyright(C) 2012 美の相棒 All Rights Reserved.