葉酸

実際に妊娠してからご自身の体や赤ちゃんの

実際に妊娠してからご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん大丈夫です。


でも、葉酸には身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで赤ちゃんの先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が明らかになりました。

そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品として、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話も多いです。


葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。
産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。


厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。
しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方もいらっしゃいますよね。
仮にサプリメントを摂っていないとしても、葉酸は自然の食品にも含有しています。
例えばホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。



ですから、普通の食事を摂っていたならば、ある程度の葉酸は補給できています。


胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、サプリを利用するのが、最もポピュラーですね。いつまでサプリを飲み続けるのか、という問題ですが、一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。
妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、母体にとってもとても大事な栄養成分ですから、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。

不妊かなと思ったときには、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。
簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば体の状態というのがよく分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。

普通の体温と違って基礎体温は、経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るという注意点もあるので、その通りにしていくのが大切です。

もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。



皆さんご存知のように、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。

ですから、サプリを飲むときには、ビタミンやミネラルなど、妊婦にとって不足しがちな栄養素を配合されているものを選ぶのが良いでしょう。

目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。


こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。

ですので妊活中の女性も今から飲んでおくと安心です。ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。
中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。
ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経を正常に働かせる作用があるので、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。



妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。

ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。

軽い運動は凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。

心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。



妊活中の栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。

選ぶ基準としては、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。



葉酸の成分には、貧血を予防する効果がありますし、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。
ほかにも、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、赤ちゃんを望む夫婦どちらにも是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。
実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。
受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。そのため、葉酸が不足してしまうと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる危険性があります。
こうした事を踏まえ、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、日常的な食事以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。
妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。

ですから、食材を調理して摂取しようと考える場合にはポイントがあります。

具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によって加熱しなければいけない場合、出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。こうした調理がめんどくさい、または自由に食事したい、と考えるならば、葉酸サプリで摂取するのが一番簡単だと言えますね。

メニュー

Copyright(C) 2012 美の相棒 All Rights Reserved.