葉酸

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。それでは、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が必要ないのでしょうか。
実際にはそのような事はありません。赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという話では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が大切な期間という訳です。なのでこの期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。
皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。


妊活中の方をサポートし、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。ビタミンの一種である葉酸には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。そのうえ、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。
ですから、妊活中の夫婦それぞれに効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。ヨガはダイエットやスタイルキープのために行うと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。
ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にもつながります。

さらに自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランスが整っていくのです。ネットにはヨガの動画がたくさん紹介されています。こうした動画を活用すれば、わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。軽く息が上がる程度の運動は身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。これは、心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。妊活を行う場合、影響があるものと言えば、食事ですよね。


妊活を行っているということは、すぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんが元気に成長できるように備えておきましょう。この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。


忘れがちですが、妊娠検査キットによって妊娠が確定するより前から赤ちゃんを授かっているのです。受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で十分に葉酸を摂取できているというのが、胎児にとってもママにとっても適切な妊活だと言えますね。


妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、いかに大切な栄養素であっても、摂取する量には気を配ってください。

サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。ですがサプリには食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。

ですから、過剰摂取に陥らないよう、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。
実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は胃腸がダメージを受けるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意してください。
また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。


むかし流産しています。

その時は自分を責めて苦しかったのですが、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、また、妊娠に向けて前向きな気持ちを持てるようになり、妊活を始めました。
今回の妊活では体づくりにも注意しました。

冷え性を治そうとまず運動で、体を変えてみようと思いました。
運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって低かった基礎体温が上がり、冷え性を治すことが出来ました。自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活を頑張ろうと思いました。妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。
葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリの利用を考える時には、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が複数配合されたサプリを選びましょう。具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。

妊娠しやすい体になるために、いま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合もサプリの利用を考えてみてくださいね。
妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。食事内容はもちろん、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。

これらはカフェインが含有されていませんので、妊娠する可能性の高い女性にとっても、赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。



ルイボスティーの常飲は、貧血予防になると報告されていますから、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。妊婦にとって、葉酸摂取による効果はさまざまなものがあります。とくに赤ちゃんが先天的脳障害を発症するリスクを下げてくれる効果は重要な効果です。妊娠する可能性がある方は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することが良いでしょう毎日の葉酸摂取を手軽に行いたい、と考えている方には、葉酸サプリをおススメします。サプリでしたら定期的な葉酸摂取が簡単です。



簡単に葉酸を摂取したい方にはぜひサプリを活用してみてください。
今、二人子供がいます。二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。長男が生まれていましたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。



本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしたという訳です。
妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明する時までは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。
妹が出来た、と家族で喜んでいます。


メニュー

Copyright(C) 2012 美の相棒 All Rights Reserved.