葉酸

妊婦にとって大切な栄養素は幾つかありま

妊婦にとって大切な栄養素は幾つかありますが、その中でも近年注目を浴びている葉酸や、不妊との関係も指摘されている鉄分は、共に不足しやすいという共通点があります。一般的な生活で摂取できる分ではなかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。

サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものも見かけますから、こうしたサプリを選べば負担無く、必要な栄養素を摂取できるのではないでしょうか。


妊活なんて聞くと、女性がやるものだという印象が強いかと思います。ですが、男性にも出来る妊活があるんです。

それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。

ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは女性にあるとは限らず、夫に問題があったという話も良く耳にします。特に注意すべきは精子の染色体異常です。受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。
葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してからご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。

ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。

例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも問題はありません。でも、葉酸には身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。



不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。



タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、ぜんぜん妊娠できなくて、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことにそう時間をおかず妊娠することができました。



薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんはご家庭での普段通りの食事に加え、充分な量の葉酸を摂取するように正式に厚生労働省が推奨しています。なぜなら、十分な葉酸を摂る事で赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は胎児の安全性を考慮した上で、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を心掛けたいですね。

2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。



夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、言い出しにくい感じがしたので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、妊娠できなくて、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。



私はラッキーだったのか、早々に赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。



妊活中には食事の内容にも気を配りますが、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。これらはノンカフェインなので、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。

中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという話もありますから、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。亜鉛は卵巣の正常な働きに重要な成分で、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。妊娠を希望している女性だけでなく、妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。
亜鉛は精子の質を高めることを手助けしてくれるという訳です。
妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。

今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取を始めてみてください。
私の話なのですが、妊活をしていた当時、本を買って「産み分け」について学びました。



上の子が男の子でしたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。


本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けを実践していました。
その後、無事に妊娠し、性別が確認されるまでは緊張しましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。
主人も待望の女の子という事で大喜びでした。
妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが良いでしょう。せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。なぜかと言うと通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。

では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。
胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、空腹時での摂取はおススメしません。

メニュー

Copyright(C) 2012 美の相棒 All Rights Reserved.