葉酸

友達のところもそうですが、うちも二人目不妊

友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、一度言ったら気が乗らないふうだったので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。
月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、それでも妊娠に至らず、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。

相乗効果なのか、ほどなくして二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。

二児の母です。
妊活をしていた時、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。一人目に男の子を産んでいたので、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。

排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けにチャレンジしたという訳です。



妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明するまで期待と不安でドキドキしていました。

結果は無事に女の子を妊娠することが出来ました。妹が出来た、と家族で喜んでいます。


葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性もいらっしゃると思います。


ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。



そのため調理のために加熱することで葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、総合的な摂取量としては不十分かもしれませんので、気を付けてください。



治療段階で判明する不妊の原因というと、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など女性の方での問題と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性側に原因があることとが考えられるでしょう。
ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。



赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、男女双方が検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。

妊活中の栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。選ぶ基準としては、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。

葉酸の成分には、女性にとって嬉しい、貧血予防因子が含有されています。



また、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、ほかにも、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。



ですから、妊活中の夫婦それぞれに是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。
胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、サプリを利用するのが、最もポピュラーですね。それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?妊娠前から授乳期を完了するまでサプリを活用するのが良いでしょう。



胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、母体の健康維持を考える上でも重要な役割を果たしているのです。



ですので、妊娠を希望している段階で葉酸を十分に摂取し、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的に働かせる飲み方だと言えます。



葉酸の過剰摂取による副作用は、例えば、不眠症の症状ですとか、吐き気や食欲不振、または体がむくむといった症状です。特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。

一番理想的なのは、バランスのとれた食事による葉酸の摂取なのですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良い食事を準備するのも難しいと思います。そうした時に簡単に摂取したいのであれば、サプリメントがおススメです。

サプリメントは、葉酸の摂取量が誰でも管理できるので、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には良いですよね。
妊娠期間中だけでなく、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、つい忘れてしまったりして葉酸の摂取を怠ってしまう場合もありますよね。


葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、葉酸サプリを飲む事なんです。


サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、普段の食事で十分に摂取できているのか不安な方も安心です。
葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。野菜の中では主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。

妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。また、流産といった危険性を減らす効果があります。厚生労働省が推奨するように、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。

手軽に摂るならば葉酸サプリで摂取するのも良いと思います。



葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。
とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんも少なく無いそうです。

仮にサプリメントを摂っていないとしても、葉酸は自然の食品にも含有しています。


例えばほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。ですから、サプリによる摂取が無くても普段通りの食事をきちんと摂っていれば、ある程度の葉酸は補給できています。

メニュー

Copyright(C) 2012 美の相棒 All Rights Reserved.